シリーズ 節水型都市づくり ② 福岡市の漏水防止対策

mizukanri.pngシリーズ節水型都市づくり第2回目は福岡市における水道管の漏水防止対策です。

 水道管からの漏水は、管の経年劣化や腐食、交通荷重による破損など様々な要因により発生し、水道管が高い水圧を保っているため、漏水量はどんどん増加します。

  水道事業において漏水防止対策は必要不可欠な施策といえ、かつて漏水率38.6%の福岡市が、現在は2.6%と世界トップクラスとなった技術についてご紹介します。