第4回アジア太平洋都市サミット市長会議

開催期間

  • 2000年5月13日(土)~15日(月)

開催都市

  • 大韓民国・釜山広域市

全体会議テーマ

  • 新たな千年紀におけるアジア太平洋都市の経済発展

分科会テーマ

  • 1.都市間交流と貿易の振興
  • 2.観光産業の育成案

基調講演

  • 「グローバル化時代のアジア太平洋都市間の協力増進:挑戦と機会」
  • 元WTO事務次長 キム テツジュ

プログラム

5月13日(土)午前
午後
夕刻
    開会式、基調講演、歓迎レセプション
5月14日(日)午前
    分科会
午後
    全体会議、釜山宣言採択
夕刻
5月14日(日)午前
    釜山市表敬
午後
    行政視察等
夕刻

会場

  • 釜山海雲台「パラダイスホテル釜山」
  • 釜山広域市海雲台区中洞1408-5

参加都市

  • 13カ国・地域、25都市

後援

  • 行政自治部、外交通商部

参加都市代表者

オークランド市(ニュージーランド) /クリスティン フレチャー/市長
バンコク市(タイ王国) /行政調整室 副室長/ナタノン・タヴィシン
ブリスベン市(オーストラリア) /副市長兼市議員/ティム クィン
大連市(中華人民共和国)/人民政府/常務副市長 /リ エイキン
福岡市(日本国)/市長/山崎 広太郎
広州市(中華人民共和国)/副市長/オウ シュショ
ホーチミン市(ベトナム社会主義共和国) /議長/ヴォ ヴィエットタン
ホノルル市(アメリカ合衆国) /経済開発局長/マヌエル シー メネンデス3世
イポー市(マレーシア) /市長/ダト タラット ビンフセイン
ジャカルタ特別市(インドネシア共和国) /道知事/スティヨソ
鹿児島市(日本国) /市長/赤崎 義則
北九州市(日本国) /市長 /末吉 興一
クアラルンプール市(マレーシア) /文化社会福祉部課長 /ジャイナル アビディン モドザイン
熊本市(日本国) /市長/三角 保之
マニラ市(フィリピン共和国)/市長秘書室長 /エティ エンマニュエル R.シソン
宮崎市(日本国) /市長/津村 重光
長崎市(日本国) /副市長/内田 進博
大分市(日本国) /副市長/護 雅行
佐賀市(日本国) /市長/木下 敏之
上海市(中華人民共和国) /上海市人民政府 副秘書長/イン イチサイ
ウルムチ市(中華人民共和国) /市長/ヌール バクリー
ウラジオストック市(ロシア)オブザーバー参加/副市長/ウラジミル サブリキン
釜山広域市(大韓民国) /市長/アン サンヨン

使用言語

  • 4カ国語(日本語、英語、中国語、韓国語)

共同宣言:釜山宣言

世界経済の中心地域として成長しているアジア太平洋地域の共同繁栄を目指す「第4回アジア太平洋都市サミット」がニューミレニアムのスタートである2000年5月13日(土)、14日(日)の両日に韓国第一の港湾都市釜山で開催された。

「新たな千年紀におけるアジア太平洋都市の経済発展」というテーマの下で開催された釜山会議では、アジア太平洋地域の経済問題について多様な議論が行なわれ、特に都市間ネットワークの構築強化と経済交流の活性化及び観光産業振興の必要性について認識を共にした。

アジア太平洋都市サミットに参加した11カ国22都市の各代表は、アジア太平洋地域の共同繁栄のために多様な提案及び意見交換を通じて合意した五つの内容を「釜山宣言」として採択する。

 

  • 1. 新しい千年紀を迎え、これまで形成されてきた各参加都市間のネットワークを充分に活用し、多方面にわたる交流を拡大しつつ各都市間の協力関係を一層強化していく。
  •  
  • 2. 都市間の経済協力を推進させるため実質的な交流・協力の方法を積極的に検討するとともに、各都市の経済人の意見を取り入れながら投資の促進と貿易の振興を図る。
  •  
  • 3. 参加都市は、この地域における観光産業の育成と環境にやさしい政策を推進するために互いに協力する。
  •  
  • 4. アジア太平洋都市サミットが今後より一層、効率的かつ実りある会議となるよう、実務者レベルの会議を今後も引き続き推進する。
  •  
  • 5. 第5回アジア太平洋都市サミットは2002年に日本の福岡市で開催し、第4回実務者会議は2001年に釜山広域市で開催することとする。


2000年5月14日 大韓民国釜山広域市にて

第4回アジア太平洋都市サミット市長会議写真1