シンガポール共和国(シンガポール共和国)

シンガポールは数十年にわたる都市計画により「ガーデン・シティ(緑の都市)」と呼ばれ、住みよく、持続可能な都市として安定した成長を遂げてきた。都市機能が高度に集積する「シティ・イン・ア・ガーデン(緑に囲まれた都市)」を目指している。土地不足、乏しい天然資源といった課題を克服するため、基本計画の統合的な活用に重点を置き、競争力のある経済、持続可能な環境、国民の質の高い生活を実現している。国際的には多くの国とつながっており、アジアにおける主要なビジネス拠点と認められている。

人口

  • 5.61百万人 (2016年6月末)

世帯数

  • 1,225,300 世帯 (2015年)

面積

  • 719 km2 (2016年)

人口密度

  • 7,797 人/ km2 (2016年)

産業別市内総生産

    • 第1次産業: 3,304.7百万USドル (農業、漁業、採石業、電気・ガス・上下水道・ゴミ処理事業を含む)
    • 第2次産業: 56,524百万USドル
    • 第3次産業: 145,959百万USドル
    • (シンガポール統計局 2010年)

産業別従業者数

    • 産業別雇用者数
    • 第1次産業: 186,354人(農業、漁業、採石業、電気・ガス・上下水道・ゴミ処理事業を含む)
    • 第2次産業: 931,770人
    • 第3次産業:2,155,494.6人
    • (シンガポール労働省 2010年)

一人あたり市民所得

  • 73,167シンガポールドル (2016年)

主要産業又は主要産物

    コミュニティ・社会・個人向けサービス業,卸売・小売業,宿泊・飲食サービス業,管理・支援サービス業,運輸・保管業(シンガポール統計局 2011年) 

主要政策

    • 1. 持続可能な経済成長と継続的な都市発展のための国土保護事業
    • 2. 住みよい都市としての住環境向上事業(都市開発と旧都心活性化事業)
    • 3. 快適空間やインフラ整備、商業拠点の分散による個性的な世界のビジネスハブ(拠点)としての基盤強化
    • 4. 個性的なレクリエーション施設、活動による新レジャーの創出
    • 5. 都市開発とシンガポールらしい個性ある歴史遺産とのバランスの取れた整備による保存事業

財政規模

  • 約684.4億シンガポールドル (2016年予算)

職員数

  • 3,673,100 人 (2016年)

姉妹都市等

    • 【都市間ネットワーク(都市国家として参加)】:
    • 東南アジア諸国連合(ASEAN),アジア太平洋経済協力(APEC),世界貿易機関(WTO),国際連合(UN) 例)UNESCO傘下の創造都市ネットワーク

その他

    • 【年間空港利用者数(入国 / 出国)】51,200,000 (チャンギ国際空港グループ) (2012) 51,200,000 (チャンギ国際空港グループ) (2012) 51,200,000 (チャンギ国際空港グループ) (2012) 51,200,000 (チャンギ国際空港グループ) (2012) 51,200,000 (チャンギ国際空港グループ) (2012) 51,200,000 (チャンギ国際空港グループ) (2012)  
    •  51,200,000 (チャンギ国際空港グループ 2012) 
    •  
    • 【国章】
    • ライオンの頭は,独特で分かりやすいシンガポールの国家シンボルである。国旗や国章ほど正式ではないが,ライオンの頭のシンボルは国民の一体感を高めるために個人,組織,企業が自由に活用できる。
    •   (シンガポール国家遺産局2013) 
    •  
    • singapore_logo.png
    •  
    • 【国花】
    • バンダ・ミス・ジョアキムは1981年にシンガポールの国花に選ばれた。国花の指定は国家威信や国民性を育む国家を挙げた取り組みの一部である。
    • シンガポールは他国と異なり,国花として雑種の花を指定している唯一の国家である。
    • ランは長くシンガポールを象徴する花であることから国花に選ばれた。
    • 他のランとは異なり,バンダ・ミス・ジョアキムはシンガポールで初めて登録された雑種植物であることから,国花として選定されることがふさわしい。
    •   (シンガポール国立公園 2013)
    •  
    • singapore_flower.png

     

シンガポール共和国写真1 シンガポール共和国写真2 シンガポール共和国写真3