マニラ市(フィリピン共和国)

マニラ市はフィリピンの首都で南シナ海に面したマニラ湾の東部に位置しており、面積は39km2で、マニラ広域市面積636km2の約6%を占めています。
マニラ市の文化は多様な民族と歴史的影響を大きく受けています。マレー系の人が大多数ですが、その伝統と習慣、そして共通的な観念はマレーシア人だけでなく、他のアジア文化やスペイン、アメリカなどの西洋文化の影響が大きいと言えます。

人口

  • 1,581千人(2000年5月1日)

面積

  • 38.55k㎡(2000年)

人口密度

  • 63,294/k㎡(2000年5月1日)

産業別従業者数

    • 第1次産業 1%
    • 第2次産業 23%
    • 第3次産業 76%

姉妹都市等

  • 広州市(中華人民共和国)、ホーチミン市(ベトナム社会主義共和国)、サンフランシスコ市(アメリカ合衆国)、サクラメント市(アメリカ合衆国)、横浜市(日本国)、高槻市(日本国)、八木町(日本国)

マニラ市写真1 マニラ市写真2 マニラ市写真3