釜山広域市(大韓民国)

釜山広域市は韓国第二の都市であり,水深の深い港と穏やかな海により国内最大で世界第5位のコンテナ取扱港となった。豊かな自然環境と歴史により市は世界的な観光文化都市としての評判を高め,国際会議開催地としても有名になっている。

人口

  • 3,586,068人(2011年)

世帯数

  • 1,381,257世帯(2011年)

面積

  • 768.13k㎡(2011年)

人口密度

  • 4,666.9/k㎡(2011年)

産業別市内総生産

    • 第1次産業 502百万USドル
    • 第2次産業 16,087百万USドル
    • 第3次産業 44,246百万USドル
    • (2010年)

産業別従業者数

    • 事業所数/従業者数
    • 第1次産業 85社/3,122人
    • 第2次産業 32,258社/273,033人
    • 第3次産業 227,631社/930,079人
    • (2010年)

一人あたり市民所得

  • 17,656USドル(2010年)

5大産業(全雇用に占める雇用者数の多い割合)

    • 1. 社会資本・その他サービス
    • 2. 企業・個人・公共・その他サービス
    • 3. 卸売・小売業,宿泊・飲食サービス業
    • 4. 鉱工業
    • 5. 製造業
    • (2010年)

主要産業又は主要産物

    港湾,機械部品・金具,観光,国際会議,映画・映像,IT,自動車・自動車部品,造船

3大輸出産業(分野)

    • 3大輸入品
    • 1. 機械・輸送機器
    • 2. 原料別製品
    • 3. 食品・動物
    • (2010年)

主要プロジェクト

    • 1. 経済効率を確保するため北港の再開発
    • 2. 国際物流・工業施設の造成
    • 3. U-City (U-Port, 交通,会議,観光,健康,防災)の開発
    • 4. 1年を通じた持続可能な最高級の海洋観光・レジャー都市の確立

財政規模

  • 48,136百万USドル(2006年12月31日)

職員数

  • 14,487人(2001年12月)

姉妹都市等

    • <姉妹都市> 
    • 高雄(台湾)、ロサンゼルス(アメリカ)、下関(日本)、バルセロナ(スペイン)、リオデジャネイロ(ブラジル)、ウラジオストク(ロシア)、上海(中国)、スラバヤ(インドネシア)、ビクトリア州(オーストラリア)、ティファナ(メキシコ)、ホーチミン(ベトナム)、オークランド(ニュージーランド)、バルパライソ(チリ)、西ケープ州(南アフリカ)、モントリオール(カナダ)、イスタンブール(トルコ)、ドバイ(U.A.E)、福岡(日本)、シカゴ(アメリカ)、サンクトペテルブルグ(ロシア)、ムンバイ(インド)、プノンペン(カンボジア)、テサロニキ(ギリシア)、カサブランカ(モロッコ)、セブ(フィリピン)
    • <友好協力都市> 
    • 深圳(中国)、天津(中国)、重慶(中国)、大阪市(日本)、バンコク(タイ)

アジア太平洋都市サミットに関する事業

    • 第4回アジア太平洋都市サミット(2000年)
    • 第4回アジア太平洋都市サミット実務者会議(2001年)

その他

    • 【年間空港利用者数(入国 / 出国)】 
    • 320,074人/325,954人(2010年)
釜山広域市写真1 釜山広域市写真2 釜山広域市写真3