長崎市(日本)

長崎市は、江戸時代には西洋に開かれた唯一の貿易・文化の窓口として、近代以降は海運国日本を支える造船業を主として栄え、国際社会の中で重要な役割を果たしてきました。昭和20年8月9日には原子爆弾による惨禍を被りましたが、戦後は、核兵器廃絶と世界恒久平和を訴える国際平和文化都市としての役割を果たしています。

人口

  • 434,611人(2015年)

世帯数

  • 208,394世帯(2015年)

面積

  • 405.81k㎡(2014年)

人口密度

  • 1070.9人/k㎡(2015年)

産業別市内総生産

    • 第1次産業        9,534百万円
    • 第2次産業    226,527百万円
    • 第3次産業 1,240,276百万円
    • (2012年) 

産業別従業者数

    • 第1次産業    1,036人
    • 第2次産業  31,152人
    • 第3次産業 169,783人
    • (2012年) 

一人あたり市民所得

  • 2,526千円(2012年)

主要産業又は主要産物

    サービス業、不動産業、製造業

主要プロジェクト

    • ○行政サテライト機能再編成プロジェクト
    • ○市庁舎建設プロジェクト
    • ○地域コミュニティのしくみづくりプロジェクト
    • ○長く元気で!プロジェクト
    • ○国際観光客誘致プロジェクト
    • ○長崎サミットプロジェクト
    • ○まちぶらプロジェクト
    • ○都市再生プロジェクト
    • ○出島表門橋架橋プロジェクト
    • ○公共施設マネジメント推進プロジェクト
    • ○世界遺産推進プロジェクト
    • ○市役所カワルプロジェクト
    • ○地域振興プロジェクト 

財政規模

  • 377,716,157千円(2015年)

職員数

  • 3,098人(2015年)

姉妹都市等

    • <姉妹都市>
    • セントポール市(アメリカ合衆国)、サントス市(ブラジル連邦共和国)、ポルト市(ポルトガル共和国)、ミデルブルフ市(オランダ王国)、福州市(中華人民共和国)
    • <市民友好都市>
    • アバディーン市(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)、中山市(中華人民共和国)、ライデン市(オランダ王国)、ヴュルツブルク市(ドイツ連邦共和国)
長崎市写真1 長崎市写真2 長崎市写真3