北九州市(日本)

北九州市は、九州の最北端、関門海峡を挟んで本州と隣接し、日本四大工業地帯のひとつとして日本の近代化を支えてきました。世界に誇る環境や産業の技術集積、空港や港湾など都市基盤を有する一方、長く美しい海岸線や緑豊かな山々など自然にも恵まれた人口100万人の国際都市です。「人と文化を育み、世界につながる、環境と技術のまち」を目標に、「住んでみたい、住み続けたい」と思えるまちを実現していきます。

人口

  • 958,268人(2016年)

世帯数

  • 427,516 世帯(2016年)

面積

  • 491.95 k㎡(2016年)

人口密度

  • 1,948人 /k㎡(2016年)

産業別市内総生産

    • 第1次産業        8,806百万円
    • 第2次産業    802,569百万円
    • 第3次産業 1,424,792百万円
    • (2012年) 

産業別従業者数

    • 第1次産業        531人
    • 第2次産業   97,331人
    • 第3次産業 342,741人
    • (2012年) 

一人あたり市民所得

  • 2,922千円(2013年)

主要産業又は主要産物

    工業(鉄鋼、化学、セラミックス、産業用ロボット)、商業 

主要プロジェクト

    • 競争力のある産業振興と豊かな雇用創出
    • 都市基盤の強化と国際物流拠点の形成
    • 市民・企業・行政が共につくる「世界の環境首都」
    • アジア諸都市との交流・協力と広域連携 

財政規模

  • 1兆2,451億円(予算総額)(2016年)

職員数

  • 8,277人(2016年)

姉妹都市等

    • ○姉妹都市・友好都市
    • タコマ市(アメリカ合衆国)、ノーフォーク市(アメリカ合衆国)、大連市(中華人民共和国) 、仁川広域市(大韓民国) 、ハイフォン市(ベトナム)、プノンペン都(カンボジア)
    •  
    • ○都市間ネットワーク
    • アジア太平洋都市サミット、東アジア経済交流推進機構

アジア太平洋都市サミットに関する事業

    第7回アジア太平洋都市サミット実務者会議 (2007年)

北九州市写真1 北九州市写真2 北九州市写真3